リキッドバイオプシー

概要

リキッドバイオプシーは腫瘍へ迅速かつ容易にアクセスでき、更には頻回サンプリングも可能な検体取得方法です。この非侵襲的技術により、標準的な生検処置を受けることができない、または適切に組織検体を取得できない患者コホートに腫瘍研究を拡大することが可能となります。臨床現場で標準的に行われている採血を通して、血流中を循環するバイオマーカーの分析が可能となります。

腫瘍DNA(ctDNA)は腫瘍細胞から血流に放出され、身体を非局在的に循環しています。このため、ctDNAはがんのバイオマーカーとして重要性を増しており、組織検体と比較して腫瘍のヘテロジェネイティをより正確に表現できる可能性を有しています。1

Liquid Biopsy for Next Generation Sequencing

Explore the benefits of utilizing high-performance NGS-based liquid biopsy assays, the AVENIO ctDNA Analysis Kits, for clinical research in oncology.

リキッドバイオプシーとctDNAの利点

  • シンプル、迅速、非侵襲 – 検体取得が容易
  • ctDNAはがんの包括的な遺伝的プロファイルを明らかにすることが可能1  
  • 腫瘍ヘテロジェネイティと腫瘍量(tumor burden)をより正確に表現できる可能性1
  • 同じ被験者に対して複数回の検査を実施できる – 経時的なモニタリングの可能性


ctDNAアッセイの重要な技術課題

 


血液検体に含まれるセルフリーDNAはごくわずか2
 


腫瘍由来のセルフリーDNAの割合は非常に低い(わずか0.01%程度)3
 

 研究対象によって「腫瘍特異的な」変異は変化する4

 

NGSリキッドバイオプシーアッセイキットであるAVENIO ctDNA Analysis Kitsは、実績のある分子技術と独自のエラー抑制戦略でこれらの課題を克服しています5

》続きを読む

リファレンス

1. Diaz LA and Bardelli A. Liquid biopsies: genotyping circulating tumor DNA. J Clin Oncol. 2014; 32(6):579-586.

2. Volik S, Alcaide M, Morin R, Collins C. Cell-free DNA (cfDNA): Clinical Significance and Utility in Cancer Shaped By Emerging Technologies. Molecular Cancer Research. 2016;14(10):898-908. doi:10.1158/1541-7786.mcr-16-0044.

3. Francis G, Stein S. Circulating Cell-Free Tumour DNA in the Management of Cancer. International Journal of Molecular Sciences. 2015;16(6):14122-14142. doi:10.3390/ijms160614122.

4. Salk J, Fox E, Loeb L. Mutational Heterogeneity in Human Cancers: Origin and Consequences. Annual Review of Pathology: Mechanisms of Disease. 2010;5(1):51-75. doi:10.1146/annurev-pathol-121808-102113.

5. Newman AM, Lovejoy AF, Klass DM, et al. Integrated digital error suppression for improved detection of circulating tumor DNA. Nature Biotechnology. 2016;34(5):547–555. doi:10.1038/nbt.3520.