検体取得

概要

ダウンストリーム・アプリケーションのために組織あるいはセルフリーDNAを効率的に得る方法を提

検体取得はあらゆるアプリケーションにとって重要なプレアナリティカルなステップです。検体取得や保存などのプレアナリティカルな要素の影響についての調査によると、その後に実施する分析におけるデータの妥当性と有効性を決定する上でのプレアナリティカルな要素の重要性が強く示されています。1,2,3  臨床的に意義のある正しい情報を得るためには、検体の損失が少なく一貫性が保たれた取得方法であり、検体の完全性が保たれ、変質していないことを確証できることが不可欠です。

Roche Sequencing Solutionsでは、こうしたニーズを満たすシンプルな採血管や高性能なティシューダイセクションシステムを提供しています。ホルマリン固定パラフィン包埋組織(FFPET)やセルフリーDNA(cfDNA)などの分析の難しい腫瘍検体を効率的に得ることができます

...

セルフリーDNA抽出用採血管

セルフリーDNA抽出用採血管は、検体の安定性、安全性、耐久性ニーズを満たす採血管であり、全血検体を取得、安定化、輸送できるだけでなく採血検体中の有核細胞を保持させることでセルフリーDNAの分析を可能とするように特別に設計された真空採血管です。

続きを読む
...

アベニオ Millisect

自動ティシューダイセクション装置であるアベニオ Millisectは様々な臨床ワークフローに容易に適合するように最適化されており、FFPE組織上の分析対象領域を正確かつ一貫して高効率で取得することを可能とします。その結果、それぞれの検体から臨床的に意義のある情報を把握することに繋がります。

続きを読む