概要

AVENIO Tumor Tissue Surveillance Kitは、ホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)組織検体からの次世代シークエンス(NGS)アッセイパネルの1つで、AVENIO ctDNA Surveillance Kitによる腫瘍量の経時的なモニタリングをベースラインとして補完します。NCCNガイドライン2のバイオマーカーに準拠した17遺伝子に加え、腫瘍量のモニタリングや肺がん・大腸がんの微小残存病変(MRD)の検出に使用される180遺伝子を含みます。

 

AVENIO Tumor Tissue Surveillance Kitの特徴と利点

  • 組織とctDNAで同一のパネル(同じターゲット遺伝子(遺伝子領域)、ハイブリッドキャプチャのワークフロー)を使うため、腫瘍量の経時的モニタリングのためのベースラインとして活用でき、組織と血漿間でのコンコーダンス解析が可能
  • 一回のワークフローで4種類全ての変異タイプ(SNVs, indel, fusions, CNVs)を高い感度と特異性1で検出可能
  • AVENIO Tumor Tissueアッセイ内のQCキットを用いることで、FFPE組織検体で99%の成功率
  • 様々な研究に応用できるよう、腫瘍組織と血漿をフレキシブルに切り替え可能
  • 能率的なワークフローにより精製から解析とレポート作成までが5日間で完了
  • 試薬だけでなく解析システムも含まれており、すぐにでも高性能NGSオンコロジーアッセイの導入が可能

 

AVENIO Analysis Kitを使用した腫瘍組織と血漿サンプルからの体細胞変異の包括的な検出

Alex Lovejoy
Roche Sequencing Solutions

優れたパフォーマンス

AVENIO Surveillance Panelのターゲット遺伝子リストを見る