概要

AVENIO ctDNA Surveillance Kitは、肺がんおよび結腸直腸がん(CRC)における経時的腫瘍量(tumor burden)のモニタリングのために特別に設計され、最適化された次世代シークエンシング(NGS)用リキッドバイオプシーアッセイキットです。このパネルには、NCCNガイドライン1で規定されている17遺伝子を含む197の遺伝子が含まれています。

The Unique Challenges and Opportunities of Circulating Tumor DNA

Presenter: Dan Klass, Ph.D.
Roche

AVENIO ctDNA Surveillance Kitの特徴と利点

  • NCCNガイドライン1で規定された遺伝子を含むパネル構成
  • 単一のアッセイで4種類全ての変異タイプ(SNVs、indels、fusionsおよびCNVs)を解析
  • 分子バーコードとin silicoでのエラー抑制技術を組み合わせた統合デジタルエラー抑制(iDES)戦略による優れた分析性能2,3
  • 試薬だけでなくバイオインフォマティクスとソフトウェアを含む総合システム
  • 5日間で抽出から解析、レポートまでが完了する合理化されたend-to-endのワークフロー

製品ハイライト

高い感度および特異性で正確な変異検出2,3

  • すべてのタイプの変異で99%以上の特異性
  • SNVs、indelsおよびfusionで99%以上の陽性的中率(PPV)。CNVのPPVは96%以上。

単一のアッセイキットで幅広い遺伝子のプロファイリング

  • ひとつのパネルで17遺伝子をターゲットとしたアッセイ
  • 高頻度で変異の検出される180遺伝子の領域も解析

肺がんおよびCRCでの経時的な腫瘍量(tumor burden)のモニタリングのために選択された高頻度で変異の検出される領域を含む180遺伝子については遺伝子リストをご確認ください。

NGSリキッドバイオプシーアッセイの製品ラインナップ

AVENIO ctDNA Surveillance Kitは、3種類のAVENIO ctDNA Assay Kitの製品ラインナップの1つです。ガイドラインで規定された17遺伝子にターゲットを絞った腫瘍プロファイリングを行うAVENIO ctDNA Targeted Kit、アッセイターゲットを77遺伝子に拡大して腫瘍プロファイリングを行うためのAVENIO ctDNA Expanded Kitについてもご検討ください。